Housing In BOSO

水を通す石の杭? セメント不要の画期的な地盤改良術

夢のマイホーム、子どもたちが遊ぶ庭、仲間と過ごす空間。その実現のために毎年多くの方が多額の投資をするわけですが、重要なのに見過ごされがちとも言われているのが建物を支える地盤

地盤補強のための主流となる「杭打ち」を、なんとセメントを使わず、しかも杭が水を通して液状化現象を防ぐという、環境にやさしいなんとも画期的な「HySPEED工法」という地盤改良法があるそうなのだそうですが…一体、どういう技術なのでしょうか。

20131021sanwa01

茂原市の有限会社サンワトータルさんのご協力で、詳しく学ぶことができました。まず、スクリュー等を回転させて地中にねじ込んで穴を掘っていく建設機械アースオーガで地中に穴を掘ります。

20131021sanwa03

一般的に杭として使われるセメントが土中に含まれる様々な物質と反応して人体に有害な六価クロムが発生することがあるそうなのですが、実はこの工法、「杭」なのにセメントを一切使わないのです。

20131021sanwa04

深く掘った穴に、天然素材である砕石を投入します。20センチずつ砕石の投入するごとにアースオーガを中に入れ、逆回転させて砕石を締め固めてゆきます。それを繰り返し、穴が目一杯になるまで続けられます。なるほど、セメント不要のこの工法ならお庭で遊ぶ子供たちが安心して過ごせるようになるということですね。

20131021sanwa05.jp

平板載荷試験を行い、基礎が載る杭の頭での数値が計測されます。安心できる土地と庭に建てられる大切な家を支える、強い地盤がこうして出来上がっていくんですね。砕石間の隙間を通して地中の水を排出してパイプ的な役割も果たしてくれるため、液状化防止にも効果的で需要が高まっているそうです。

20131021sanwa06

言わば、超強力に踏み固められた「砕石の杭」。これで安全な地盤の完成です。CO2を排出する機械の使用も従来と比較して少なく、材料も砕石のみしか扱いません。しかも再生材は使わず、天然砕石のみの使用。

地震に強く、液状化にも強くしつつ、空気汚染も最小限に留めたい。環境という言葉に敏感なユーザーさんなら一度は知っておきたい、画期的な地盤改良法ですね。これから家を建てる際のご参考になさってみてはいかがでしょうか。他にもある様々なメリットを含め、詳しいことはぜひホームページからご覧ください

HySPEED工法による地盤改良有限会社サンワトータル

 

清水 真

投稿者の記事一覧

中小企業の財務改善、営業支援、戦略策定にかかわる支援をしつつ、地域活性化についても取り組んでいます。フットワークの良さを生かしつつも相手の話を真摯に聞いて本当にやりたいことの実現に向けて一緒に動くことが私のモットー。企業にも地域にも様々な悩みがあり、多くの悩みは一人では解決できないようなものばかり。皆さんとの協力体制を築きながら問題解決のお手伝いをし、様々な出会いを大切にして少しでも多くの人のお役に立つ事が私の夢です。

関連記事

  1. 専門家に聞く、失敗しないキッチンリフォームとは?
  2. 職人の腕と機械の安定感が品質の向上へ。木更津の畳屋
  3. 快適なキッチンのある暮らしは房総なら実現しやすい
  4. 房総浪漫な家に住む。20万円でできる部分リフォームで!
  5. 度胆を抜かれた大黒柱、マンモスも入る大吹き抜け
  6. 建築知識の土台が無く「いい家」を素人判断しないで
  7. 土地が広いんだから玄関で得する家になろう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

↓下のギャラリーは、全て房総で撮影されています。Apps Journalでは、房総の魅力を発掘・発表する撮影会や写真展の開催もサポートしています。お気軽にお問い合わせください!



20160621_chibanosyun_poster

イベント告知のご相談はお気軽に!
 

Amazing BOSO Part1 (Original Sound)
 

Amazing BOSO Part2 (Original Sound)
 

Amazing KIMITSU Part1 (Original Sound)
 

Amazing KIMITSU Part2 (Original Sound)
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2017
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2016 Part1
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2016 Part2
 






PAGE TOP