Tea Time

たまごや。素材が活きてる自宅カフェ

長生村一松丁のとある小道を入って行ったところに、小さなお店がありました。

一見して“レストラン”とは分からない感じ。もともと住んでいた家を改装して“自宅カフェ”として2013の2月にOpenしたそう。

レトロな雰囲気のこぢんまりしたこのお店「cafe たまごや」では、魚、お米、コーヒー豆、野菜、さまざまな食材を地元の材料を使い、提供されています。

20140117tamagoya02

このお店をやっていて良かったことは、「人から『美味しい』と言われること」だそう。

食品を提供する仕事である以上、美味しくて当たり前なので、『美味しい』と言われて嬉しいというのは違う! という料理人は多いそうですが、『美味しい』と言われることは何より自分の栄養になる、と店主。

お店でも家庭でも同じですね♪

cafe たまごや
カフェ たまごや[FACEBOOK]

 

ふっつかよい

投稿者の記事一覧

富津市を中心に、千葉県房総地域の体験を元に「いいもの」「いいこと」「いいひと」を発見して皆さんに紹介します。あんもかんも楽しむべ~よ。URL

michi

投稿者の記事一覧

「ふっつかよい」の一人です。楽しこと探そ。仲間を増やそ。友達作ろ。

関連記事

  1. バンド仲間で集いたい、粋なバイキングカフェ
  2. パン屋の隣のコーヒーコーディネーターおじいちゃん
  3. 幸せ気分の開放的なケーキ屋さん
  4. 都会のセンスが吹き抜ける森の中のゆったりカフェ
  5. 生豆を買ってその場で煎ってくれる、本格珈琲豆専門店
  6. 長生村で見つけた、本格こだわり焙煎サーファー職人
  7. バラへの愛情が半端じゃない350本のローズ・カフェ
  8. 中学時代から料理に目覚めた、地元密着の洋菓子パティシエ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

↓下のギャラリーは、全て房総で撮影されています。Apps Journalでは、房総の魅力を発掘・発表する撮影会や写真展の開催もサポートしています。お気軽にお問い合わせください!



20160621_chibanosyun_poster

イベント告知のご相談はお気軽に!
 

Amazing BOSO Part1 (Original Sound)
 

Amazing BOSO Part2 (Original Sound)
 

Amazing KIMITSU Part1 (Original Sound)
 

Amazing KIMITSU Part2 (Original Sound)
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2017
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2016 Part1
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2016 Part2
 






PAGE TOP