素敵にティータイム

パン屋の隣のコーヒーコーディネーターおじいちゃん

長生村のパン屋さん。

パンを買っているとレジで『奥で食べられますよ』と声をかけられました。

レジの奥は併設されているカフェ「コーヒーピケピケ」へとつながっています。

20140123kunpike03.jpg

奥には年配のマスターが。

マスターとおしゃべりすると、ご自身はなんと76歳! 実はたくあんにお茶をすすっているほうが自分には合っているとか。

でもカッコイイところを自分の子供たちに見せたくて(笑)、コーヒーについて勉強して資格を取り、最近オープンさせたそう。

20140123kunpike01.jpg

先ほど購入したパンとともにコーヒー、カフェオレ、それにサラダをチョイス。

コーヒーにはここで作られたメレンゲのお菓子も付いています。コレがまたとっても美味しい!

店内もこぢんまりしているとはいえ、明るくて何よりこのマスターの雰囲気がノンビリしていて居心地が良い。時にはお母さん方が集まってコーヒーを飲みながらおしゃべりしていくこともあるのだとか。

若い人がいろいろ勉強してコーヒー豆やコーヒーの淹れ方について詳しくウンチクを垂れるのも聞いていて面白いものですが、年配のマスターがイチカラ新たなことを学んでコーヒーを淹れてくれる姿はなかなか感慨深いものがありました。

ちなみにこちらのイギリスパンはほんっとうにオススメです! 生地がなめらかで焼いてもしっとり。とっても美味しかったです。

手づくりパンくんぷう,コーヒーピケピケ(千葉県長生郡長生村水口864−41)

 

michi

投稿者の記事一覧

「ふっつかよい」の一人です。楽しこと探そ。仲間を増やそ。友達作ろ。

関連記事

  1. 実は老舗の暖簾分け、メニュー豊富な君津のベーカリー
  2. 中学時代から料理に目覚めた、地元密着の洋菓子パティシエ
  3. 「ヘミングウェイが立ち寄る」おしゃれなカフェ
  4. 長生村で見つけた、本格こだわり焙煎サーファー職人
  5. 薪ストーブが真ん中、気持ちほんわかログハウスカフェ
  6. たまごや。素材が活きてる自宅カフェ
  7. 森の中に佇む山小屋レストランで、自分流の過ごし方を
  8. バンド仲間で集いたい、粋なバイキングカフェ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

↓下のギャラリーは、全て房総で撮影されています。Apps Journalでは、房総の魅力を発掘・発表する撮影会や写真展の開催もサポートしています。お気軽にお問い合わせください!

20160621_chibanosyun_poster

イベント告知のご相談はお気軽に!
 






PAGE TOP