房総浪漫な家に住む

職人の腕と機械の安定感が品質の向上へ。木更津の畳屋

最近は洋風の家が好まれますが、やっぱり畳のある和室って清々しいですよね。

昔ながらの畳作りに機械の良さを最大限に取り入れる。良いものを残しながらも現代の需要に応える。その全てには、熟練の職人の経験と知識と知恵と腕がありました。

20140214tatami_06

木更津市の林畳店、社長の林 保一さん。お祖父様の代からから3代目なのだそうです。

20140214tatami_03

近頃は黒、濃い茶色、ピンクなどの色付きの変わった畳も需要が多いそう。い草と藁で作る畳は凹凸ができてしまうそうですが、和紙をこよりにして作る科学床の畳は真っ平らに仕上がるのだそうです。手で作る畳もありますが、いまはほとんどが機械での作業。

時代は変わりましたね。

20140214tatami_05

機械で作る科学床の畳がオススメなの? それとも逆に手で作る昔ながらの畳の方が「良いもの」なの? と悩みそうですが、「手で作る方が良いものが作れると思いがち。でも機械は製品が安定するんです」と、林さんは説明します。

力加減を締めようと思えばいくらでも締められる。畳を張ろうと思えばいくらでも張れる。でも機械だと真四角なものしかできないのも事実。

20140214tatami_01

「『手』じゃなければできない作業もあるんです。柱に合わせたりした変わった形のものはすべて手作業でしかできません。ならば機械の作業はだれでもできるのか、といえばそうじゃない。『なぜここを押さえるのか』『なぜここを引っ張るのか』という理屈が分かっていないとできないんです。」

分かりやすく、熱意を持って説明してくださいました。

20140214tatami_04-200x300

畳の需要が少なくなってとても残念に思っている方は少なくないはず。こうした地元の技術が継承されるように、畳を使ったおしゃれな家づくりも増えていくといいですね。

(イメージモデル:秋谷佳奈)

 

鈴木 明夫

投稿者の記事一覧

脳梗塞を患うもリハビリと岩盤浴で復活! 地域の高齢者と中小企業の味方として、幅広く活動しています。「切り込み隊長」として夢の実現のために忙しく動いています。URL

ふっつかよい

投稿者の記事一覧

富津市を中心に、千葉県房総地域の体験を元に「いいもの」「いいこと」「いいひと」を発見して皆さんに紹介します。あんもかんも楽しむべ~よ。URL

関連記事

  1. 水を通す石の杭? セメント不要の画期的な地盤改良術
  2. 専門家に聞く、失敗しないキッチンリフォームとは?
  3. 土地が広いんだから玄関で得する家になろう
  4. 房総浪漫な家に住む。20万円でできる部分リフォームで!
  5. 快適なキッチンのある暮らしは房総なら実現しやすい
  6. 建築知識の土台が無く「いい家」を素人判断しないで
  7. 度胆を抜かれた大黒柱、マンモスも入る大吹き抜け

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

↓下のギャラリーは、全て房総で撮影されています。Apps Journalでは、房総の魅力を発掘・発表する撮影会や写真展の開催もサポートしています。お気軽にお問い合わせください!



20160621_chibanosyun_poster

房総のイベント告知掲載無料。ご相談はお気軽に!






PAGE TOP