房総を知ろう

【写真さらに58枚】海鮮も眺望も大満足の富津2日目!

※この記事は「【写真112枚】東京から90分、富津の女子旅が楽しすぎだよ」の続きです。旅行初日のレポートについてはまず前半の記事をお読みください!

20160503pic02

2日目の朝。宿泊先の海浜ホテル万年屋は海沿いで窓から小さな港が見えます。

20160503pic58

20160503pic01

ザ・フィッシュで購入できる「菜の花たまごプリン」は、朝食べてあまりの美味しさに感動しました。

20160503pic03

10時にホテルをチェックアウトして向かったのは、ザ・フィッシュの隣にある「海鮮浜焼きまるはま」。

20160503pic04

実は初日に立ち寄ったところ整理券を配布していてすぐに入れなかったため、翌日11時開店に合わせて来たもののすでに満席状態。

20160503pic27

20160503pic05

20160503pic28

タイミング良く空いたテーブルに座れることに。はまぐり、カキ、エビ、ホタテ、アワビなどの魚介類をたっぷり味わう!

20160503pic06

20160503pic57

20160503pic07

20160503pic08

浜金谷駅から佐貫町駅まで電車で移動。

佐貫町駅から東京湾観音を目指すも、タクシーが見当たらず……。近隣のタクシー会社も対象外区域ということで、来てもらえないといわれ、途方に暮れているとちょうど1台戻ってきたので、予定通り東京湾観音へ行くことに。

20160503pic09

想像よりも遥かに大きく、タクシーで近づくごとにテンションがあがっていく。

20160503pic13

20160503pic14

早速中に入り、願い事ノートにメッセージを書き、スタンプラリーをしながら上を目指します。

20160503pic15

20160503pic16

20160503pic10

さまざまな神様や格言を見ながら上るので、階段はそこまでキツさを感じません。格言は達筆過ぎで読めないものも(笑)。

20160503pic18

20160503pic17

20160503pic19

手の所に出ると、海が一面に。今までで一番ステキな景色が広がっている。

20160503pic20

爽快感が最高!

20160503pic21

阿閦如来のようになりたいな…と考えつつ、さらに上へ。

20160503pic12

20160503pic11

細い階段や木のはしごを上り20階へ!

20160503pic22

20160503pic23

20160503pic24

20160503pic25

20160503pic53

スタンプラリーを完成させ、売店で記念品のお箸をもらうことができました。

20160503pic29

外に出て、あらためてその大きさに驚く。一緒に写真を撮ろうとすると、カメラの位置がほぼ地面すれすれになってしまうので、iPadでなんとか撮影してみる。

20160503pic30

佐貫町駅に戻り、竹岡駅に移動。

20160503pic31

20160503pic33

20160503pic32

20160503pic34

20160503pic35

20160503pic44

前日にカフェの常連さんに教えてもらったレストラン「竹岡マリーナ」へ。

20160503pic41

20160503pic42

太刀魚カレー、シーフードカレー、アジフライ定食を注文。

20160503pic55

シーフードカレーは具材がごろごろしていて、ボリュームも見た目も満足の一品。

アジフライは、佐貫町でのせてもらったタクシーの運転手さんが、「富津はアジがすごく美味しいんだ!」と力説してくれたので、注文。あぶらが乗っていて、身がフワフワ?ホワホワで、衣のサクッとした食感と相まって絶品!

20160503pic56

ひじきが練り込まれたパンをサービスで頂いたりもしました。

20160503pic36

電車の時間まで、マリーナのすぐ奥の海を見にいく。

20160503pic37

堤防の奥まで歩いていけたので、たどっていくとカモメの群れが堤防を占拠!

20160503pic38

海は、底が見えるほどの透明感で、東京湾とは思えないほどキレイ。

20160503pic39

20160503pic40

開放感か、なぜかヤッホー!!と叫ぶ

20160503pic43

20160503pic54

20160503pic45

帰り道に見つけたチーバくんの道路工事の柵が地味にカワイイ。

20160503pic46

20160503pic47

20160503pic48

再び竹岡駅に戻り、行きがバスだったので、帰りは電車にしよう!ということで、新宿さざなみ号の時間を見積もって、再び浜金谷へ向かいます。

20160503pic49

20160503pic50

20160503pic51

どの駅からも鋸山が見えて、のどかな緑豊かさと、のぞく鋭い岩肌のギャップに思わずシャッターを切ってしまう。

この後、「菜の花たまごプリン」を再び買いにザ・フィッシュへ。魚の切り身などのお土産もこのタイミングで購入。

20160503pic52

16時24分発の「新宿さざなみ号」に乗り、18時07分に新宿へ…。

今回の旅行では、イチゴ農園にも行きたかったのですが、赤い実がなくなってしまったとのことで休業。残念。

当初の予定からはいろいろと変更があったものの、みんなすごく楽しそうで喜んでいました!

Apps Journal

Apps Journal

投稿者の記事一覧

Apps Journalを管理・運営しています。執筆のほとんどを担っています。写真の多くは専門の方に依存しています。目立たず、影の存在で良いと思っています。他のサイトも運営・執筆しています。ホームページも作ります。

関連記事

  1. 【写真112枚】東京から90分、富津の女子旅が楽しすぎだよ
  2. 「房総の魅力500選」の中から気になるもの見つけたよ
  3. 房総に来て意識するようになった5つのこと
  4. 房総は、日本一のB級王国?
  5. 千葉県の産物って、どんだけ上位に食い込んでいるんだ
  6. 房総にはいくつ港があるんですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

↓下のギャラリーは、全て房総で撮影されています。Apps Journalでは、房総の魅力を発掘・発表する撮影会や写真展の開催もサポートしています。お気軽にお問い合わせください!



20160621_chibanosyun_poster

房総のイベント告知掲載無料。ご相談はお気軽に!






PAGE TOP