袖ケ浦な人々

毎月新聞2015年11月号

袖ケ浦在住の経営者が毎月発行している、社会の隙間にピリリとした味わい深いコラムが毎号楽しみな「毎月新聞」。Apps Journalでは、定期的に全文掲載させていただきます!(管理人より)

犬三題

中国の雲南省の村人、王開育さんが二年前、ベトナム人が2匹の黒い仔犬を売りに来たので、彼はそれを番犬の為に買った。2匹の「番犬」はとてもお利口で、なんでもよく食べて、どんどん大きくなって、鶏を捕まえて食べる程になった。何か普通の犬とはちょっと違うと感じた王さんは、森林保安局の公告と見比べて、この2匹の犬は実はツキノワグマ(国家二級保護動物)だと知って驚いた。王さんは犬ならぬツキノワグマを当局に引き渡すことにした。

と言うニュースをテレビで見た。私はさもありなんと思った。動物の赤ん坊は可愛い。仔犬も熊の仔もしぐさは同じで何とも愛らしいものだ。犬と間違っても不思議ではない気がする。滑稽なのは、熊は雑食性だから何でも食べる。鶏だって襲う。行動力も犬の比ではない。何せ木にも登るし、驚くほど大きくなって、牙も爪もグレートになる。その変化を王さんは「アワアワ」と眺めていたに違いない。

しかし一緒にこのニュースを観ていた妻は「そんなはずはない、この人、最初から熊だと知っていて飼ったのよ」と言う。それを保安局に見つかり、犬と思っていたと言い訳を言ったのだと。自信に満ち溢れて言い放つ妻を見ながら私も「アワアワ」とその変貌を眺めて来た者として「この人もかつては仔犬の様だった…」と振り返るのである。

§

いずれも軽傷だと言うので話題にさせていただく。松戸市で若い女性と飼い主の男性が犬(紀州犬)にかまれて怪我をした。110番通報を受けて警察官が二人駆けつけ、捕まえようとしたが、襲い掛かってきたため拳銃を発砲した。2人で13発撃ち、やっと犬は倒れたと言う。

PR

警察は拳銃の使用が適切だったと説明をする際、「向かって来る犬に制止を試みたが従わず、仕方なく発砲した」と発表した。犬にどうやって制止を求めたのだろう。拳銃を使うまでのいくつかのルールがあるに違いない。

まあ、それはさておき結局撃ち殺したのは、警察官が余程「怖かった」からに違いない。犬の方も拳銃を敵に回すことになろうとは思わなかったろう。「俺たちに明日はない」並みの壮絶な銃撃を受けて果てたこの犬、オスならクライド、雌ならボニーのようにハードボイルド気分で最期を遂げたに違いない。国家権力の前には犬もギャングも庶民も無力であると教えている。この犬、あながち犬死ではなった気がする

§

徳島市で、盲導犬と一緒に通勤途中だったマッサージ師で視覚障害者のYさん(50)が前方からバックしてきた2トントラックにはねられた。Yさんは胸などを強く打って約1時間後、亡くなった。一緒にいた盲導犬も巻き添えになり死んだ。悲しいニュースだ。

トラックはバックを知らせる警報が故障していたそうだから、Yさんには予知の出来ないことだったろう。一方、盲導犬は近づいてくる車を見ているはずだ。Yさんを何とか逃がそうと懸命に働いたのだろう。そして最後までYさんをかばって、共に亡くなっている

盲導犬と主人はハーネスの取っ手を握っているだけで繋がっているから、盲導犬が振りほどいて逃げようとすれば容易いことだろうに。犬である以上に盲導犬の使命を貫き、文字通り身を挺して主人を守ったのだ。「献身」と言う字の犬の凄みが迫ってくる。

天声珍語

歌手の矢沢永吉さんが自分の若いころを振り返るドキュメンタリーを観た。

自身「なんで若い頃はあんなに吠えていたんだろう。きっと何もかもが怖かったんだろうね」と言うコメントが印象的だった。

この毎月新聞もお陰様で50回号を発刊することになる。そこで、好きな犬のことでまとめさせていただいた。思えば私も何か落ち着かないので「吠える」代わりにこれを書いている気がする。

これからも駄犬の無駄吠えにお付き合い頂けると嬉しい限りです。ワンワン。

山田 悟

山田 悟

投稿者の記事一覧

山田能力開発研究所。雨漏り・防水・屋根と壁の補修・改修や鳥害対策の「山田技研」の代表。袖ケ浦市にて地元自治会の会長を務めながら、街を元気にする地域活動を行なっています。

関連記事

  1. 毎月新聞2015年10月号
  2. 【袖ケ浦な人々】分別
  3. 【袖ケ浦な人々】マイナンバーと老人/マサイ族とスマホ
  4. 【袖ケ浦な人々】電話二題
  5. 毎月新聞2015年12月号
  6. 【袖ケ浦な人々】病院のインフルエンザ/忘れる
  7. 【袖ケ浦な人々】猿が出没
  8. 【袖ケ浦な人々】開けたドアは自分でしめないと閉じない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

↓下のギャラリーは、全て房総で撮影されています。Apps Journalでは、房総の魅力を発掘・発表する撮影会や写真展の開催もサポートしています。お気軽にお問い合わせください!

20160621_chibanosyun_poster

イベント告知のご相談はお気軽に!






PAGE TOP