祭りが賑わう

茂原の秋まつりがこんなに盛り上がるワケ

たくさんあったお祭りやイベントが、年々、縮小気味になっていることを懸念している地域は少なくありません。

ところが、茂原市の地元自治会が企画する「茂原秋まつり合同神輿渡御(とぎょ)」には、隠れた熱狂的ファンが多いと言われています。その理由と、茂原市のポテンシャルについて、高師自治会会長の初谷幸一さんにお話を伺いました。

20140813mobara04

地元若者同士が競争しあった効果

かつて、茂原駅を中心にして北側に位置する高師の若者たちと南側に位置する茂原地区の若者たちが、地元の伝統を残すための素晴らしい競争意識が生じたという経緯があるそうです。

初谷さんは説明します。

地元盛り上げ合戦という意識が、茂原八幡神社と高師八幡神社の神輿競争に発展し、2つの神社の「もみ合い」が恒例行事となりました。

同じ場所に2つの神輿が同時に登場し、互いの勢いが、いわば「ぶつかり合う」かのようなところから、次第に融合していくという、他の地域ではなかなか無い流れがあり、これが話題性を呼んで、祭り自体がどんどん拡大してきました。

「茂原市の恒例行事になったこの祭りは、昨年からは他の地区の参加も増え、ますます活性化しています。現在では、老若男女を問わず、各自治体がこのイベントを盛り上げてくれています。

 

20140813mobara01

お祭り好きの担ぎ手が関東各地からも参加

こうしたお祭りや神輿が大好きという方は全国にいらっしゃいますが、茂原の合同神輿渡御には、実に関東各地の広い地域から若い人たちが神輿の担ぎ手として参加しているそうです。

若い方たちにとっては思い出づくりや出会いの場となるだけでなく、日本の伝統文化・行事の良さに触れてそれを後代に伝えていかなければならないという意識が高まっていることに本当に驚いています。

「単に上から『伝統を伝えていけ』と言うよりも、伝統行事の素晴らしさを実際に体験してもらい、自主的に『これを盛り上げていこう』『これを伝えていこう』という意識になる方が、若者たちが地域活性化に対して積極的になるということが分かります。

これには本当に学ばされました。

20140813mobara05

もともと有名な七夕祭りとの関係

盛り上がりの一つのカギは、『茂原と言えば七夕』と言われるほど盛大な七夕まつり。2014年は88万人が参加したとのこと。

興味深い住民の意識について、初谷さんが教えてくれました。

七夕祭りを盛り上げているのは商工会、商店街などの企業。これに呼応するようにして、地元市民たちが立ち上がって盛り上げているのは『神輿渡御』。

「つまり、七夕祭りが『見学型』とすれば、神輿渡御は『参加型』なんです。このバランスが、『2大イベント』という住民の意識につながり、じわじわと活性化してきました。

この流れは今後しばらく変わることはないでしょう。これからも茂原市は盛り上がりますよ。

20140813mobara03

地域活性化の取り組みに悩む行政や自治会は全国に少なくありませんが、複数地域の「ぶつかり合い」が地元行事を拡大させていくというのは大きなヒントになりますね。

2014年の茂原市七夕まつりは例年以上に盛り上がったとのこと。これからの茂原市は熱い!

茂原秋まつり[まるごとe!ちば]

 

Apps Journal

Apps Journal

投稿者の記事一覧

Apps Journalを管理・運営しています。執筆のほとんどを担っています。写真の多くは専門の方に依存しています。目立たず、影の存在で良いと思っています。他のサイトも運営・執筆しています。ホームページも作ります。

関連記事

  1. 四千人が参加する「やっさいもっさい」って何だ!?
  2. オリジナル音頭で盛り上がる富津ふるさとまつり
  3. 鹿野山の獅子舞「はしご獅子舞」、由来がおもしろい
  4. 上総いちはら国府祭り。踊りが4つもあるらしい?
  5. 獅子舞の雨乞い、羯鼓舞(かっこまい)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

↓下のギャラリーは、全て房総で撮影されています。Apps Journalでは、房総の魅力を発掘・発表する撮影会や写真展の開催もサポートしています。お気軽にお問い合わせください!

20160621_chibanosyun_poster

イベント告知のご相談はお気軽に!






PAGE TOP