花に囲まれてみたい

「桃色吐息」のピンクの絨毯に寝っ転がりたい

標高約300メートルに位置する鹿野山マザー牧場を象徴する花の色といえば、春は菜の花の「黄色」、秋はサルビアの「」。そして2014年夏にはペチュニアの「ピンク」が加わりました。今年も5月下旬から「桃色吐息」楽しむことができています。

20150701momoiro01

青く広い空の下、爽やかな風が吹く中で花に囲まれた小道をゆくカップルやファミリーの口々からは「きれいだね〜」「すごいね〜」という感動の連呼が。

ちょうどこの取材で訪れた梅雨時は鮮やかなピンク色の花畑にはなりにくいというタイミングだったのですが、それでもこれだけ咲いているのだから驚き。雨が上がって十分に太陽を浴びた時や切り戻し(伸び過ぎた茎や枝を切り詰め、株を再生させること)によって再び花が咲く時には、もっともっとピンクの絨毯が見られるようになるそうです。これは楽しみですね!

20150701momoiro05

この「桃色吐息」とはペチュニアの一種で、千葉県南房総出身の園芸家 杉井明美さんと千葉大学との共同開発で生まれた品種なのだそうです。

20150701momoiro03

これだけの面積を管理し、切り戻しするにはどれほどの労力が必要なのかと感心させられます。でもそのおかげで素晴らしい景観を楽しむことができます。

20150701momoiro04

眺めのいいベンチに腰掛けて、眺めてホッと一息。そんな優雅な時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか。10月下旬まで楽しむことができるそうです。

マザー牧場のホームページには、素敵なピンクの絨毯の写真も掲載されていますのでぜひそちらもご覧ください!

桃色吐息[マザー牧場]
杉井明美のペチュニアクラブ[Jardin]

 

茂木 健一

投稿者の記事一覧

富津市を中心に、千葉県房総地域のあんもかんも楽しむべ~よ。URL

関連記事

  1. キラキラなマザー牧場、おすすめ3大メルヘンポイント
  2. 可憐な花をよみがえらせた人たちがいた!
  3. 発見! 香りの強いバラを集めた庭園
  4. 君を迎える200万球の光。ドイツ村イルミネーション
  5. ピークを過ぎてもまだキレイだった、ドイツ村の芝桜絨毯

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 7月 02日

人気の投稿とページ

↓下のギャラリーは、全て房総で撮影されています。Apps Journalでは、房総の魅力を発掘・発表する撮影会や写真展の開催もサポートしています。お気軽にお問い合わせください!


20160621_chibanosyun_poster

房総のイベント告知掲載無料。ご相談はお気軽に!







PAGE TOP