心と身体の自分ケア

癒し上手はこれが上手

誰だって「癒されたい」という欲求を持っているものだと思います。

物事がうまくいってたり、有り余る体力があったりと、スムーズな人生や生活を送ることができていて「ストレスなんて感じてない」「自分は鈍感なタイプだから」みたいに思って「癒しなんて要らない!」と言う人も中にはいるかもしれません。

でも本質的に人間は心も体もゆとりと健康を必要としています。だから休むことも大切ですし、謂わゆる「癒し」に対する自然な欲求も生じます。

だけど、癒されるってどういうことでしょうか。

 

癒しの基本は「解毒」から

きっとそれには、自分の中に溜まる「毒」を解消することが必要です。

もちろん「毒」にもいろんな種類のものがありますが。

自分の体や心、思いの中に「毒」が溜まっていると、どんなに楽しいことをしていても心底ハッピーな気持ちにはなれない、と感じたことはないでしょうか。

ですから「癒される」とは、解毒から始まり、その上で「補充」がバランスよく組み合わされていなければなりません。

 

心と体の栄養補充

動物や自然を見て癒されるとか、美味しいものを食べて癒されるとか、いい香りで癒されるとか。アロマセラピーとかマッサージとか。

いろんな手法で「癒し効果」を生み出すことができますよね。

でももし体や心に毒が溜まったままなら、補充した栄養はあっという間に「毒」への対応に追われて消費されてしまいます。

癒しが本当に効果を発揮するには、自分の中の「毒」よりも多い量の「癒し効果」を得るか、あるいは高い解毒作用を兼ね備えた栄養補充が必要ということになります。

栄養補充が解毒作用も備えているなら一石二鳥というわけです。

 

治療と応急処置の違い

病原菌というマイナス増幅要素を収縮させてくれる解毒作用と、健康増進に役立つプラス要因を増強してくれる栄養促進作用。

この両方が備わると、「治療→治癒→癒し」となりますが、もし解毒が十分に行われていないと、どんな癒しコンテンツも「応急処置」でしか無くなってしまいます。

その時は心地よいと思っても、根本的な解決にはならないので、日常に戻るとすぐに「毒」が心と体を蝕んでいきます。

そうなると、癒し効果は長くは続かない。どんなにお金を掛けても、湯水のように浪費されていくだけ……。

苦労や苦痛を味わっていないような人が「あ〜癒される」と言っているのを見て、その人に腹がたつ、と感じるのであれば、それはすなわちあなたの中に「毒」が溜まっているからかもしれません。

人はもっと奥深いところで真の癒しを必要としています。おそらく本人すら気付いていない「毒」が心や体の深いところに根付いているかもしれないんです。

 

解毒上手な友を得よう

「あの人といると癒される」と感じるなら、その人には優れた「解毒作用」があるということかもしれません。

そう、癒し上手とは「解毒上手」でもあります。

自分の中に「毒」がたまらないような秘訣にそれとなく気付かせてくれる人、自分の中の「毒」に対する良薬として新たな見方を示してくれる人。

苦しみを乗り越えた人には、自分の中の「毒」を解消した経験があるので、癒し上手になれる可能性があります。

一般的に、カウンセラーやセラピストと会話することで自分の中のモヤモヤが解消していくと言えるのは、そこに解毒作用が働くから。

解毒された状態で与えら得る「癒し」こそが、自分に対して最も効果的な「癒し」になるんですね。

 

photo by 近藤和久

Self-Development自己啓発部

Self-Development自己啓発部

投稿者の記事一覧

心理学や精神医学、セラピーに関する様々な観点から、男性からも女性からもモテる「周囲に飲み込まれない強い人間」として自己を確立し、人生のステップアップを目標に取り組むための参考になるようなコラムを書いています。

関連記事

  1. ネイルビューティーは自由に世界を作り出しちゃうんだ
  2. 婚活の専門家に聞く、成婚しない人の現実問題
  3. 即痩せを希望する女性のための本気なパワースポット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

↓下のギャラリーは、全て房総で撮影されています。Apps Journalでは、房総の魅力を発掘・発表する撮影会や写真展の開催もサポートしています。お気軽にお問い合わせください!

20160621_chibanosyun_poster

イベント告知のご相談はお気軽に!
 






PAGE TOP