Performance

これが富津岬!? 未だかつてなく展望台が彩られた夜

まず一言、度肝を抜かれました! 長らくこの岬の展望塔を見てきましたが、これほどまでに変貌した姿は見たことがありません。

2013年11月16~17日に開催された、世界的に有名なクラブミュージックDJによる、音楽とアートがコラボしたイベント「Re:birth Festival(リバースフェスティバル)」。ロック・フェスティバルのイメージだそうです。

20131214rebirth02

注目すべきは、鮮やかな光線に包まれた「明治百年記念展望塔」。こんな姿に彩られたのは初めてではないかな?

いくつかのブースでそれぞれ異なる趣向の楽曲が流され、来場者が思い思いにダンシング。大音量ではあったものの、全体的に和やかな印象でした。一緒に来た子どもたちも楽しんでいましたよ。

20131214rebirth01

これがあの富津岬とは。いつも夕陽を眺める場所が、アートの会場に!

20131214rebirth08

Photo by Jiro Ken / Re:birth Festival

凝ったデザインのステージが、まるで異空間のようです。

20131214rebirth04

テント村ができて、ちょとした街が出現した感じですね。

20131214rebirth03

一見、とても凝った材料で装飾されたかのようですが、ほとんどは廃棄物などの再利用なんだとか。例えば骨組みはハンガーなど。組み合わせで全く違うものに見えます。

20131214rebirth07

Photo by Jiro Ken / Re:birth Festival

流木や布、光を巧みに使った独特なアートの造形。対岸の夜景もキレイ。

20131214rebirth09

光の動きなどは自動化されたものではなくて、実際に人が動かし続けることによる演出。曲と曲の合間の時もずっと操作していました。体力も精神力もいるんだろうな。アートと音楽って、見ているとなかなか大変そうです。

20131214rebirth05

Photo by Jiro Ken / Re:birth Festival

夕陽をバックに展望台を1枚。周りの人に声をかけてみると、皆さん口々に「この建物すごい!」と話していました。この展望台は元筑波大学教授で環境デザイナーだった故・池原謙一郎氏によるデザインなのだそうです。五葉松をモチーフにしたものだと聞いたことがあります。

富津岬が彩られた2日間。今までにない活気に包まれたことでしょう。来年もやるのかなぁ。

Re:birth Festival[Facebook]

 

茂木 健一

投稿者の記事一覧

富津市を中心に、千葉県房総地域のあんもかんも楽しむべ~よ。URL

関連記事

  1. 外国人も熱くなる! ジャパニーズニンジャの楽しみ方
  2. 癒される。田んぼに揺らめく竹灯篭の夕べ
  3. 四千人が参加する「やっさいもっさい」って何だ!?
  4. 房総蹴球大会 2019年3月30日,31日@君津市
  5. 大人も真剣になる体育の日、富津市スポーツフェスタ
  6. 一瞬の躍動を撮る。 飛行犬の勇姿を見よ!
  7. 富津花火大会2014を動画で楽しもう
  8. レスラーが示してくれた、地域創生の鍵とは

人気の投稿とページ

↓下のギャラリーは、全て房総で撮影されています。Apps Journalでは、房総の魅力を発掘・発表する撮影会や写真展の開催もサポートしています。お気軽にお問い合わせください!

BOSO BAYSIDE AREA CONCEPT MAP


イベント告知のご相談はお気軽に!
 

Amazing BOSO Part1 (Original Sound)
 

Amazing BOSO Part2 (Original Sound)
 

Amazing KIMITSU Part1 (Original Sound)
 

Amazing KIMITSU Part2 (Original Sound)
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2017
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2016 Part1
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2016 Part2
 






PAGE TOP