あゝラーメン食べたい

辛さ選べるこだわりラーメン! 辛くなくても旨いのよ

ラーメンの人気って衰えないですよね。

お昼時のメジャーなテレビ番組でも紹介されている人気店「拉麺帝王」は、実はApps Journalもスタッフで時々食べに行く、こだわりラーメン店なのです。

20160208teo01

黒い背景に真っ赤な文字が映える、ガツンと旨そうなインパクトの看板。ニンニクや唐辛子の絵が特徴付けている通り、スープへのこだわり、辛さへのこだわり、そして煮卵やネギ、メンマなどのトッピングなどもバラエティーに富んでいる、あらゆる年齢層が食せる幅広いラーメン店。

20160208teo02

サイドメニューも豊富。ワイワイ盛り上がりながら食事を楽しめる雰囲気が地域に喜ばれるお店づくりに。ちなみにラーメンの辛さは「1辛」から「10辛」まで選択可能。激辛ラーメンがお好きな方ならぜひともチャレンジしてみてほしい…!

20160208teo04

とはいうものの、Apps Journalのスタッフは年齢も年齢なのでなかなか胃に刺激の強い辛いラーメンは食べられないものだったり…。ところがシャキシャキもやしたっぷり、チャーシューがジューシーで柔らかく、「いやいや、辛くなくてもメチャクチャ旨いじゃないの!」ってなもんです。

「帝王」の名を欲しいままにいつでも力強く営業している木更津のラーメン店。ここは外せません…!

拉麺帝王[Facebook]

ふっつかよい

投稿者の記事一覧

富津市を中心に、千葉県房総地域の体験を元に「いいもの」「いいこと」「いいひと」を発見して皆さんに紹介します。あんもかんも楽しむべ~よ。URL

関連記事

  1. 「すどらぁ」のつけ麺、魚介のスープがうまかった!
  2. 有名映画のスタッフも役者も食べた? 名物アサリ丼
  3. メニューにはないお好み注文、いつもと違った楽しみを
  4. 千葉県にはいくつのご当地ラーメンがあるのだろう
  5. 牛乳のラーメン? 意外に美味しい、優しい味わい
  6. 加圧温度にまでこだわる、くさみ無しとんこつラーメン
  7. じっくり煮込んだ分厚いチャーシューが凄いラーメン
  8. 若者が作り盛り上げる、50年を感じさせる九州の味

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

↓下のギャラリーは、全て房総で撮影されています。Apps Journalでは、房総の魅力を発掘・発表する撮影会や写真展の開催もサポートしています。お気軽にお問い合わせください!



20160621_chibanosyun_poster

房総のイベント告知掲載無料。ご相談はお気軽に!






PAGE TOP