Tea Time

長生村で見つけた、本格こだわり焙煎サーファー職人

平坦な田んぼの中を走る道路の一角に数件の家が見えたかと思うと、一軒のおしゃれな雰囲気のお宅が。焙煎と販売を行っている小さなお店「TONEGAWA COFFEE」です。

20131211tonecoffee01

店主のセンスが感じられシンプルな店構え。この中に、店主の利根川太一さんがとても細かい作業をしています。

豆の中には割れたり傷んだり、虫食いなど、珈琲の味を損なうものが含まれているのだそうです。大量生産ではそれを取り除く手間を省いているというのですが、利根川さんのこだわりは、このふるいの上に焙煎したコーヒーを広げ、飲む際に不快な要素となる豆を、一つ一つ丁寧に取り除いているのです。

20131211tonecoffee02

こうした作業をはじめ、大量に生産される焙煎豆と、このようなこだわりの個人焙煎とはなにが違うのかを具体的に興味深く話してくれました。

自宅で試飲してみると、欠けた豆を取り除く手間を掛けない豆から淹れたコーヒーと比べて、利根川さんの豆から淹れたコーヒーは味、風味、深さの違いがはっきり出ていました。もちろん、値段も違いますけどね。

20131211tonecoffee04

小さなお店ですが、実は通販の固定客が多いのだとか。もちろん店頭でも購入できます。店主はサーファーでもあるので、波のいい日は海にいるかもしれません。お店に行く場合には、事前にウェブサイトをご覧くださいね。

TONEGAWA COFFEE

 

清水 真

投稿者の記事一覧

中小企業の財務改善、営業支援、戦略策定にかかわる支援をしつつ、地域活性化についても取り組んでいます。フットワークの良さを生かしつつも相手の話を真摯に聞いて本当にやりたいことの実現に向けて一緒に動くことが私のモットー。企業にも地域にも様々な悩みがあり、多くの悩みは一人では解決できないようなものばかり。皆さんとの協力体制を築きながら問題解決のお手伝いをし、様々な出会いを大切にして少しでも多くの人のお役に立つ事が私の夢です。

関連記事

  1. びわの味の爽やかソフト、びわソフト~
  2. 「ヘミングウェイが立ち寄る」おしゃれなカフェ
  3. イタリアンレストランの焼きたてパンが、ゴルフ場に?
  4. 薪ストーブが真ん中、気持ちほんわかログハウスカフェ
  5. 生豆を買ってその場で煎ってくれる、本格珈琲豆専門店
  6. 香ばしいボリュームピザが500円!(2013年6月現在)
  7. 中学時代から料理に目覚めた、地元密着の洋菓子パティシエ
  8. たまごや。素材が活きてる自宅カフェ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

↓下のギャラリーは、全て房総で撮影されています。Apps Journalでは、房総の魅力を発掘・発表する撮影会や写真展の開催もサポートしています。お気軽にお問い合わせください!

20160621_chibanosyun_poster

イベント告知のご相談はお気軽に!
 

Amazing BOSO Part1 (Original Sound)
 

Amazing BOSO Part2 (Original Sound)
 

Amazing KIMITSU Part1 (Original Sound)
 

Amazing KIMITSU Part2 (Original Sound)
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2017
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2016 Part1
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2016 Part2
 






PAGE TOP