APPS Editorial

写真展で観光ガイドがどんどん出るよ

今日は午前中、市原市の某企業を訪問させていただき、代表の方と有意義なディスカッションをすることが出来ました。その帰り道、Googleマップストリートビューのクルマを発見。しかもハイウェイで並走するなどの貴重な体験までしちゃいました…。

そして午後は富津市役所に。

富津写真部と君津写真部、そして君津市の亀山温泉ホテルによる共同企画「ミニ写真展」を富津市役所のロビーで開催しています。

今回はあまり告知活動をせず、基本的には市役所に来た人ぞ知る、というスタンスで、パーティションを使って小さなブースを作り、表側(外側)にLEDモニターによる画像スライドショーとプリント写真展示、そして裏側(内側)にワークショップスペースを設置しています。

ここにいると、市の職員や地元の議員さんたちが通りかかり、元気付けてくれたりします。とても和やかに仕事ができるスペースになっているんですよ。

20141121editor02

そして展示写真の下には、自由に持って行ってもらえるように地元の観光チラシやガイドブックなどを置いてあります。これによって、一週間で300枚以上ものチラシやリーフレットが配布されています。

地域PRの手法としてせっかくカタログやチラシを作っても、手にしてもらわなければ意味が無い。これは、セミナーでホームページについて講演するときにも何度も言っている点。富津市や君津市の観光ブックはとてもよくまとまっていて、特に「Futtour(フッツアー)」なんてかなり出ています。情報が古くなる前に、どんどん配布されなければなりません。

観光関連のポスターも市役所入口の掲示板にも同じものが貼られているのですが、ほとんどの方が素通りしてしまっているようです。こうして写真展にあわせて貼ったポスターは、多くの方が見てくださいますので、有効ですね。

ワークスペース、人と人との繋がり、そしてチラシ配布。写真展に様々な要素を付加することで、活動の幅はさらに広がります。

そんな試験的な取り組みを、Apps Journalではどんどん実施していきたいと思います。

 

あじょする

投稿者の記事一覧

地域のアプリケーションと房総の魅力をおしゃべり。アクアラインのあっち側とこっち側を行ったり来たり、一年の半分近くを房総で過ごす「二拠点生活」満喫者。

関連記事

  1. 祝・2周年(ごあいさつ)
  2. Apps Journalの目的って
  3. 「地域活性化は儲かりません」の意味
  4. Apps Journalをリニューアルいたしました
  5. 祝1周年のご挨拶
  6. ラジオの生放送
  7. 相棒
  8. 編集日記:地域活性化になるには…?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

初めて東京湾アクアラインを渡る人に伝えたい3つの魅力
わかる人にはわかる! こだわりの自作薪割り機
木更津の本格サボテン専門店。ここはカリフォルニア!
最後の石切り職人が語る、房州石200年の歴史
「100年やってる」と、さらっと答えるせんべい屋
見つけた! 夢の房総暮らしを実現する掘り出し物件
千葉県にはいくつのご当地ラーメンがあるのだろう
知る人ぞ知る絶景の公園。富津市民の森・パノラマ広場
手作り、新鮮、まろやか! 富津の牧場チーズ小屋
房総にはいくつ港があるんですか?
↓下のギャラリーは、全て房総で撮影されています。Apps Journalでは、房総の魅力を発掘・発表する撮影会や写真展の開催もサポートしています。お気軽にお問い合わせください!

房総楽友協会リモート合唱団第1弾

BOSO BAYSIDE AREA CONCEPT MAP


イベント告知のご相談はお気軽に!
 

Amazing BOSO Part1 (Original Sound)
 

Amazing BOSO Part2 (Original Sound)
 

Amazing KIMITSU Part1 (Original Sound)
 

Amazing KIMITSU Part2 (Original Sound)
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2017
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2016 Part1
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2016 Part2
 






PAGE TOP