Eat & Drink

パン屋の隣のコーヒーコーディネーターおじいちゃん

長生村のパン屋さん。

パンを買っているとレジで『奥で食べられますよ』と声をかけられました。

レジの奥は併設されているカフェ「コーヒーピケピケ」へとつながっています。

20140123kunpike03.jpg

奥には年配のマスターが。

マスターとおしゃべりすると、ご自身はなんと76歳! 実はたくあんにお茶をすすっているほうが自分には合っているとか。

でもカッコイイところを自分の子供たちに見せたくて(笑)、コーヒーについて勉強して資格を取り、最近オープンさせたそう。

20140123kunpike01.jpg

先ほど購入したパンとともにコーヒー、カフェオレ、それにサラダをチョイス。

コーヒーにはここで作られたメレンゲのお菓子も付いています。コレがまたとっても美味しい!

店内もこぢんまりしているとはいえ、明るくて何よりこのマスターの雰囲気がノンビリしていて居心地が良い。時にはお母さん方が集まってコーヒーを飲みながらおしゃべりしていくこともあるのだとか。

若い人がいろいろ勉強してコーヒー豆やコーヒーの淹れ方について詳しくウンチクを垂れるのも聞いていて面白いものですが、年配のマスターがイチカラ新たなことを学んでコーヒーを淹れてくれる姿はなかなか感慨深いものがありました。

ちなみにこちらのイギリスパンはほんっとうにオススメです! 生地がなめらかで焼いてもしっとり。とっても美味しかったです。

手づくりパンくんぷう,コーヒーピケピケ(千葉県長生郡長生村水口864−41)

 

ふっつかよい

投稿者の記事一覧

富津市を中心に、千葉県房総地域の体験を元に「いいもの」「いいこと」「いいひと」を発見して皆さんに紹介します。あんもかんも楽しむべ~よ。URL

関連記事

  1. 三舟山マルシェに君津の未来が見えたような気がする
  2. 有名映画のスタッフも役者も食べた? 名物アサリ丼
  3. 若者が作り盛り上げる、50年を感じさせる九州の味
  4. 海苔(Nori, Seaweed, Laver)
  5. たまごや。素材が活きてる自宅カフェ
  6. 牛筋をトマトで煮込んだ、囲炉裏で楽しめるお店の逸品
  7. 薪ストーブが真ん中、気持ちほんわかログハウスカフェ
  8. まるでフルーツの香り!米と清らかな地下水から旨い地酒
↓下のギャラリーは、全て房総で撮影されています。Apps Journalでは、房総の魅力を発掘・発表する撮影会や写真展の開催もサポートしています。お気軽にお問い合わせください!

内房出身プロカメラマンによるオンライン講座
 

房総楽友協会リモート楽団2021年2月
 

房総楽友協会リモート合奏団「ベートーヴェン第九」
 

房総楽友協会リモート合唱団「上を向いて歩こう」
 
BOSO BAYSIDE AREA CONCEPT MAP

イベント告知のご相談はお気軽に!

Amazing BOSO Part1 (Original Sound)
 

Amazing BOSO Part2 (Original Sound)
 

Amazing KIMITSU Part1 (Original Sound)
 

Amazing KIMITSU Part2 (Original Sound)
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2017
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2016 Part1
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2016 Part2






PAGE TOP