Living

度胆を抜かれた大黒柱、マンモスも入る大吹き抜け

玄関を入って度胆を抜かれましたよ。眼前に広がる大吹き抜けリビングの中心に、6メートルを超える大黒柱が「ド~ン」と立ち尽くしているんですから…!

20140720hw06

千葉県地域を対象に、「柱材80本プレゼントキャンペーン」を受け付けている建築会社、株式会社ハウジング・ワールドの代表の松岡在丸(さいまる)さんが「21世紀の木造住宅の教科書的住まい」として建てた「クリスタル・ハウス松岡邸」を見学することができました。

20140720hw08

家に入ってすぐ目の前に広がる、オープンなLDK。開放型34畳という大きな空間の中心に、およそ8畳分の吹き抜けが。室内窓が1階LDKの空気を共有し、住む家族の一体感を生み出しているのだそうです。

20140720hw02

見上げるとそこにはシーリングファンが。それよりも驚くのは、中心の大黒柱を梁と結ぶ、立派な方杖。大黒柱は400mm×400mmという太さで、高さは6メートルにも及ぶそうです。この巨大な柱が他の梁と連結し、とてつもなく頑丈な骨組みを家を実現しています。

20140720hw04

全体の主要な柱も、7寸角の通し柱を使って視覚的に分かるほど頑丈な家の構造躯体を設計。骨組みが頑丈であるために、通常よりも多くの開口部(窓)を設けることが出来ます。それで、外からの自然光でこんなにも明るくなる空間を具現化出来ているわけですね。

20140720hw03

吹き抜け部にキャットウォークが設けられている南側の28枚ガラス窓も圧巻。十分に光が入り、家の中全体をさわやかに照らしてくれていました。

20140720hw07

2階に上がる階段は、白い塗装で西洋館風なイメージを演出。明るく、2階に昇ってすぐに大吹き抜けに直面し、眼の前に南側の開口部と1階の玄関前リビングスペースを眺める、とても一体感の観点から手中した方法。

代表の松岡さんが大事にしているのは、とにかく家族が一体感を失わず、家を長く使ってそこに家族の歴史を紡げるようにできる頑丈で長持ちの家を建てること。

平均年収の方でも100年住宅が建てられる」という家づくり勉強会も無料で開催しており、「クリスタル・ハウス松岡邸」の基本的な考え方となっている「ティンバーフレーム工法」や海外で100年以上使われている現物の100年住宅の仕様と文化など、ニュートラル性が人気で毎月様々な方々が出席されています。

20140720hw09

千葉県の内房は気候も温暖で、100年使える頑丈な家づくりが建てられるとのこと。もしあなたも家づくりに興味があるなら、一度、無料の勉強会に参加されてみるのはいかがでしょうか? また、太い柱が多様されている施工中の現場や「クリスタル・ハウス松岡邸(東京都内)」の見学も受け付けているようです。

ちなみに、Apps Journalをご覧になった方にはキャッシュバックキャンペーンにも応じてくださるとのこと。ご興味ある方はお問い合わせくださいね!

千葉県応援キャンペーン。柱80本プレゼント[Housing World Corp]

 

Apps Journal

Apps Journal

投稿者の記事一覧

Apps Journalを管理・運営しています。執筆のほとんどを担っています。写真の多くは専門の方に依存しています。目立たず、影の存在で良いと思っています。他のサイトも運営・執筆しています。ホームページも作ります。

関連記事

  1. 房総に来て意識するようになった5つのこと
  2. 木更津の本格サボテン専門店。ここはカリフォルニア!
  3. 房総浪漫な家に住む。20万円でできる部分リフォームで!
  4. 週末の市役所駐車場に、なぜか犬の吠え声が響き渡る?
  5. トトロが居そうな外観に惹かれるファンシー服飾店
  6. 水を通す石の杭? セメント不要の画期的な地盤改良術
  7. 快適なキッチンのある暮らしは房総なら実現しやすい
  8. 老々介護が魅力的に? 「札所」がある謎の介護施設

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の投稿とページ

千葉県にはいくつのご当地ラーメンがあるのだろう
市原市五井から見たダイヤモンド富士
「100年やってる」と、さらっと答えるせんべい屋
房総にはいくつ港があるんですか?
「すどらぁ」のつけ麺、魚介のスープがうまかった!
富士山は太陽と組み合わされるともっと魅力的になる
初めて東京湾アクアラインを渡る人に伝えたい3つの魅力
富津ご当地メニュー「海苔ラーメン」で夏を乗り切る!
辛さ選べるこだわりラーメン! 辛くなくても旨いのよ
高級感、コスパ、味。三拍子そろった地域密着のイタリアンバー!
↓下のギャラリーは、全て房総で撮影されています。Apps Journalでは、房総の魅力を発掘・発表する撮影会や写真展の開催もサポートしています。お気軽にお問い合わせください!

BOSO BAYSIDE AREA CONCEPT MAP


イベント告知のご相談はお気軽に!
 

Amazing BOSO Part1 (Original Sound)
 

Amazing BOSO Part2 (Original Sound)
 

Amazing KIMITSU Part1 (Original Sound)
 

Amazing KIMITSU Part2 (Original Sound)
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2017
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2016 Part1
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2016 Part2
 






PAGE TOP