Eat & Drink

海が見えるカフェの楽しみ方

休日のちょっとしたお出掛けに、「カフェに行ってみよう!」と思うこと、ありませんか?

カフェ巡りと言えば最近では立派な趣味の一つとしてテレビ番組やキュレーションサイトでも多く取り上げられたりしていますが、いろんな楽しみ方があってバラエティーに富んでいます。

房総の魅力的なカフェの多くに「海が見える」という特徴を挙げたいのですが、もっと具体的に、海が見えるカフェを楽しむポイントを考えてみました!

 

海と夕陽のコラボレーション

海が見えるカフェだからといって、見えるのは海だけではありません。内房地域のカフェは海の景観ももちろん素晴らしいのですが、特に空が真っ赤に染まる「夕日」とセットで眺めると、癒され感を超えて「感動」します。

地球の美しさに打ち震えたり、なんか青春時代とか色々思い出して涙出そうになったり。メンタル大丈夫か。

富士山がシルエットで見えるスポットなら、お茶を楽しみながら富士山の向こうに沈んでいく夕陽とその手前の海を楽しめるって、地元に住んでる人が凄く羨ましくなるぐらい魅力的な時間の過ごし方。

午後のティータイムというより、海辺のサンセットティー。至福ですね。

 

海産物にちなんだフードメニュー

海沿いのカフェタイムということで、近くに漁港があったりシーフード系のマーケットがあったりと、料理が自慢のレストランやカフェのマスターが、地元で仕入れた食材で提供してくれるメニューがあればこれまた楽しい。

漁師風パスタとかブイヤベースとか、シーフードたっぷりのフードメニューもさることながら、ちょっと気になるのは、スイーツ類。

「ところてん」や「みつまめ」といった和スイーツ、材料となっている寒天は海藻からできていて、地元で獲れる天草からそうした和スイーツを作って提供してくれるカフェなんてのもあります。

参考:STRAWBERRYPOT

 

マリンスポーツとセットで!

海といえば、マリンスポーツも楽しみの一つ。サーフィンや水上バイク、最近流行りのSUP(サップ)などを体験できるスポットにもカフェは併設されていたりします。

道具を一式貸し出ししてくれるようなところもあって、休日のレジャーを楽しみながらコーヒーやランチを楽しめる、なんてのも充実感あります。

常連さんも多そうですから、友達作りにもなりそうです。

参考:SEADAYS

 

絶対に写真に撮ろう!

カフェ巡りだって思い出に残る重要なコンテンツ。もちろん海や夕陽を直に見て記憶や心にがっつり焼き付けていきたいとは思うものの、スマホ持っていながら「写真撮るの忘れた!」ってなったら悲しい……。

特に、友達や家族を連れてリピートしたいカフェなら、写真で伝えるのが「一目瞭然」「百聞は一見に如かず」というもの。

それに、そうしたカフェの付近には、たくさんの撮影スポットがあります。訪れた際には記念撮影を楽しみたいですよね。

海の見えるカフェに来たのなら、景観、フード、カフェの雰囲気、ぜ〜んぶ思い出になりますから、どんどん写真に撮ってインスタのアルバムにしちゃいましょう!

デジタル一眼レフをお持ちなら、ぜひ腕を振るいたいですね。最近では撮影から30秒ほどで写真が出来上がる「チェキ」も流行っていて、独特のセピア調・レトロな雰囲気の写真が撮れます。

 

カフェの楽しみ方は人それぞれ、十人十色。もちろんコーヒーの味わいやインテリア、中にはライブカフェで南国の音楽を楽しみながら、なんてのもあるかもしれません。

海の見えるカフェの楽しみ方は、実に千差万別。ぜひとも自分にあった、カフェの楽しみ方を探してみてください。

 

2014年8月20日公開記事

「ヘミングウェイが立ち寄る」おしゃれなカフェ

鴨川から千倉への道は岩場の見え隠れする広い太平洋を望む気持ちのよいドライブコース。たまにサーファーが見えたりします。

20140816sand02

似たような景色が続く中を気をつけて進むと、ありました、「ヘミングウェイも立ち寄るカフェ」! 海の街によく似合う佇まい。入ってみたくなります。

20140816sand01

ホームページにも書かれているのですが、なるほど、このお店は「老人と海」をイメージして作られたんですね。ログハウス調の作りがとても温かな雰囲気を醸し出しています。

20140816sand09

まるで夜の航海のような照明器具。海の道具ってそこにあるだけでものすごくいい。

20140816sand10

20140816sand03

20140816sand05

ピザやカフェラテを注文。どれも本格的で、ここに行くときはかなりお腹をすかせて行ったほうが良さそうです。

20140816sand08

心地よいジャズの流れる店内は時の流れがゆったりとしているように感じられます。お客さんが会話する声さえ、このお店の演出の一部のような…。

20140816sand06

20140816sand04

20140816sand07

サンドカフェ。それは耳を澄ませばさざ波が聞こえる海に近い場所。ゆったり落ち着きたいときにあなたのそばにあるカフェです。

サンドカフェ

 

房総の魅力

投稿者の記事一覧

日本の玄関とも言える「成田空港」「羽田空港」から近い、東京湾の東側に位置する房総地方に溢れる魅力をお伝えしています

ふっつかよい

投稿者の記事一覧

富津市を中心に、千葉県房総地域の体験を元に「いいもの」「いいこと」「いいひと」を発見して皆さんに紹介します。あんもかんも楽しむべ~よ。URL

関連記事

  1. 元祖「五穀米」で美味しく健康。三代目は「オコメン」!?
  2. コーヒー無料、しっかりバターのイートインベーカリー
  3. 香ばしいボリュームピザが500円!(2013年6月現在)
  4. 中学時代から料理に目覚めた、地元密着の洋菓子パティシエ
  5. お侍さんも愛用? 城下町のお醤油屋さん
  6. 発見! 魚拓が出迎えてくれる、昭和を楽しめる旅館
  7. 実は老舗の暖簾分け、メニュー豊富な君津のベーカリー
  8. 皆で地酒を飲んだらきみぴょんのおちょこが可愛かった
↓下のギャラリーは、全て房総で撮影されています。Apps Journalでは、房総の魅力を発掘・発表する撮影会や写真展の開催もサポートしています。お気軽にお問い合わせください!

内房出身プロカメラマンによるオンライン講座
 

房総楽友協会リモート楽団2021年2月
 

房総楽友協会リモート合奏団「ベートーヴェン第九」
 

房総楽友協会リモート合唱団「上を向いて歩こう」
 
BOSO BAYSIDE AREA CONCEPT MAP

イベント告知のご相談はお気軽に!

Amazing BOSO Part1 (Original Sound)
 

Amazing BOSO Part2 (Original Sound)
 

Amazing KIMITSU Part1 (Original Sound)
 

Amazing KIMITSU Part2 (Original Sound)
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2017
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2016 Part1
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2016 Part2






PAGE TOP