Performance

大胆な筆使いの画家、80歳だった!

絵画って個性が出ていて興味深いですよね。中でも大胆な筆使いの絵には引きこまれます。

富津公民館に飾られている絵が「大胆な筆使いだな~」と思って見ていたら、その方はときどき展覧会も開いているとか。これらの絵画を手がけておられるのは富津市在住のアーティスト梅田哲男さん、なんと今年80歳の画家さんです!

20130605umeda03

上の絵は長野県安曇野。雄大な自然と生活スタイルの雰囲気がマッチしてますよね。目で見る実際の風景とともにその作者の温かさが伝わってくるようで親しみを感じます。

20130605umeda02

今の時代に忘れかけたような懐かしい雰囲気。もともと学校の先生で、その頃から様々な作品を描いてこられたそうです。今でもそのパワフルな画法は健在。

展覧会もあるようなのでぜひ行ってみたいと思います。

第17回梅田哲男氏個展 in 木更津わたくし美術館[富津ライフダイアリー]

 

ふっつかよい

投稿者の記事一覧

富津市を中心に、千葉県房総地域の体験を元に「いいもの」「いいこと」「いいひと」を発見して皆さんに紹介します。あんもかんも楽しむべ~よ。URL

茂木 健一

投稿者の記事一覧

富津市を中心に、千葉県房総地域のあんもかんも楽しむべ~よ。URL

関連記事

  1. ファインダーに納まりきらない廃校舎アートワーク
  2. 癒される。田んぼに揺らめく竹灯篭の夕べ
  3. 試写で9割以上が「人に薦めたい」ドキュメンタリー
  4. 魂が鳴りやまない男が作った、バリアフリーロック
  5. 上総いちはら国府祭り。踊りが4つもあるらしい?
  6. 房総の魅力を映し出すPVがシットリしててステキ
  7. 地元が生んだ新進気鋭の作曲家と君津の魅力
  8. 板前が作ったヤマタノオロチが大迫力!

人気の投稿とページ

「100年やってる」と、さらっと答えるせんべい屋
わかる人にはわかる! こだわりの自作薪割り機
千葉県にはいくつのご当地ラーメンがあるのだろう
初めて東京湾アクアラインを渡る人に伝えたい3つの魅力
知る人ぞ知る絶景の公園。富津市民の森・パノラマ広場
最後の石切り職人が語る、房州石200年の歴史
千葉県の産物って、どんだけ上位に食い込んでいるんだ
大人も真剣になる体育の日、富津市スポーツフェスタ
市原市五井から見たダイヤモンド富士
房総に来て意識するようになった5つのこと
↓下のギャラリーは、全て房総で撮影されています。Apps Journalでは、房総の魅力を発掘・発表する撮影会や写真展の開催もサポートしています。お気軽にお問い合わせください!

房総楽友協会リモート合唱団第1弾

BOSO BAYSIDE AREA CONCEPT MAP


イベント告知のご相談はお気軽に!
 

Amazing BOSO Part1 (Original Sound)
 

Amazing BOSO Part2 (Original Sound)
 

Amazing KIMITSU Part1 (Original Sound)
 

Amazing KIMITSU Part2 (Original Sound)
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2017
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2016 Part1
 

BOSO PHOTO EXHIBITION 2016 Part2
 






PAGE TOP